気になるエッチ友達候補の女性を探せて、最初のやり取りから文章交換まで進展したとしましょう。
その次に大事な段階は、本当のエッチに到達するまでのやり取りです。
ここでのやり取りは次回はいつ対面できる?といったタイミング的な事ではなく、自分の理想的なエッチを現実にするまでのやり取りです。

食事の内容に好き嫌いがあるようにエッチにも好みがあります。
理解しやすい例えでやり取りについてお話しましょう。
例をあげるとあなたは女性にコスチューム姿になってもらうのが好きで、パートナーの女性にはセーラー服を着用してもらいたいと思っています。

もう一つわがままをいうのであれば、眼鏡をかけてもらいたい。
あなたが最も満たされるのはセーラー服に眼鏡をかけている女性とのエッチです。
そうだとしたらエッチ友達にはその希望に沿ってもらいたいですよね。

このケースでは直接自分の願望を言うのは気をつけなくてはいけません。
眼鏡については結構すぐに許容してもらえると思いますが、セーラー服となるとちょっとアブノーマルな感じになりがちなので女性によっては嫌われる可能性もあります。
こういったケースでは障害の低い眼鏡から話し合いをタートします。

眼鏡かけた人がタイプなんだと普通の話し合いからスタートして、相手のリアクションを確認しながらちょっとずつ障害をあげていきましょう。
セーラー服と単純にいってもセーラー服はだめだけど白衣なら問題ないというケースもありますからね。
可能な限り拒否感の少ないものから一つずつ、女性のリアクションを確認しながら自分のタイプを把握してもらえるように時間をかけるようにしてください。

あまりにもマニアックな嗜好は何回か知り合って仲良くなって親しくなってからちょっとずつという方がいいでしょう。

アダルトSNSよりも出会い系サイトを使う

sexi、プライベートピープルなどの、アダルトSNSといったものが存在しているのを知っている人も多いと思います。
無料で使うことができますし、登録ができればかなりの出会いができるだろうと期待をすることになりますね。
ですが、実際にはそういったところ出会いをするというのは、かなり難しいものでもありますね。

そのほかにも、アダルトSNSというのは困難なところがあり、出会いには適さないこともあります。
まずは、会員数の面からですが、非常に出会い系サイトなどと比べると会員数が少なくなっています。
その中で、出会いをするというのはそもそもチャンスの面からしても少ないことになりますよね。
また、SNSという場所では、出会いをするということを必ずしも求めていない人もいるということになります。

アダルトな会話ができればいいというくらいの目的で、SNSを使っている人も多くなっているのですね。
それに対して出会い系サイトであれば、すぐにでも出会って体の関係を持ちたいと思っていることが多くなっていますね。
それだけに、出会いの確立にもかなりの違いが出てくることになるのが、こういった出会い系サイトとSNSの違いでもありますね。
アダルトSNSの中では、女性に対しては非常に多い男性が群がることになりますので、ライバルの数からしてみても出会いをすることは難しくなります。
SNS的な使い方を十分にしていかなければ出会うこともできないなど、SNSとしてのハードルはとても高いものになっているといえるのですね。
SNSとしての使い方が非常にうまいのであれば、こういったところでも十分に出会いができるようになるでしょう。
また、無料で使うことができるのは、サイトを使う上ではかなり魅力なものでもあるかもしれませんね。
ですが、よほど自信があるのでなければ、SNSを使うということには困難があるということですね。

その他の感情は一切抜き

セフレが長続きしてくると、急に自宅へ行って一緒に映画などを見て、ワインをあけて、一夜を過ごすみたいなデートみたいな事を持ちかける女性は多いです。
セフレと彼女の境目が分からなくなっている証拠です。
男性は貴方の事をセフレとしか思っていません。いわゆる都合のいい身体だけの関係という事なのですが、どうして自宅へ呼んでもてなさないといけないのか?というのが男性の思いです。

ですので、自宅へ来ては、家具の配置を変えたり、料理を振る舞う行為は男性にとっては全く嬉しくないのです。セフレがする事ではありません。
時には、それを求める男性もいるかもしれませんが、だいたいの男性は、おせっかいだと思う事でしょう。

もし、身の周りの世話をしたいのであれば、恋人を作るべきです。
セフレというのは、大人の関係なので、相手を世話するという面はしなくていいのです。
ただ身体の相性がいいから付き合っている。その他の感情は一切抜きでの付き合いなのです。

ただセフレの期間が長くなってくると、女性は特に情が出やすい生き物なので、世話をしたがるようになるのですが、それをしてしまうと一体どういう関係なのか分からなくなってしまい、セフレ以上なのに彼女でないという事になってしまうので、意味が分からなくなってしまいます。

セフレである以上は淡泊な関係を続けている方が気楽に長続きすることでしょう。

会話下手でもセックスを楽しめる

会話下手な人はなかなか人と距離を縮める事が出来ないため親しい人間関係を築くのに
時間がかかってしまう事が多く、恋人がいないという人も少なくないでしょう。
無口な男性が好きという女性も中にはいますが、やはり恋人とは会話を楽しみたいと思っている人の
方が多いからです。なので中には年齢=恋人がいない歴という人もいるでしょう。
そんな人だから恋人すら出来ないのにセフレを作るなんてさらにハードルが高いと思ってしまいがち
ですが実はそんな事はないのです。
なぜならセフレには会話を求める人はそう多くないからです。
例えばこんな人がいます。
Aさんとセフレとの関係はまずセックスをしたくなればメールを送りお互いの都合のいい日時を決定します。
会うとそのままホテルへ向かい、そしてセックスをして、セックスが終わればそのまま別れます。
もちろん会えば挨拶ぐらいはしますが、それ以外はほとんど会話をする事はありませんが、
それで気まずくなる事はありませんし、むしろ会話がない事でお互いのプライバシーが守られるわけですから
会話がない事がプラスに働いているのです。
もし相手が既婚者だったとしたら不倫をしているわけですから会話といっても家族の事を話すわけにはいきません。
それにセフレ相手に仕事の事を話すのもどうかと思いますよね。
共通の趣味があるわけではありませんし、ほとんど何もしらない同士が出会ったので共通の話題がない中で
下手に話すよりも話さない方が気楽だと思う人が多いためセフレ関係は会話下手でもセックスさえ楽しめれば
何も問題がないのです。